2008年05月30日

眠いのよ

may201.jpg

うつらうつらしているメイの周りに、恋&母がワラワラと近寄ってくる。



may202.jpg

恋、メイと遊びたいのか一緒に寝たいのか・・・周りを徘徊している。
母は写真を撮りたいのだが。



may203.jpg

あぁ・・・もう、恋もお母さんも邪魔・・・・・。(メイの心の声)



may204.jpg

眠いから静かにしててね。



メイはあまりお腹を上向けて寝ないので、時々心配になってお腹をさすってやる。
すると、ビローンと伸びて仰向けになり、「もっとさすれ〜。」
あぁ、そうか。仰向けに寝ていると恋に襲われるんだな。
なにせ、ライオンがシマウマに襲い掛かるように恋はメイのお尻に襲い掛かる。


・・・・・・・・・・・ヾ(- -;)コラコラ

ニックネーム mewcat at 01:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月24日

膀胱炎2

恋の膀胱炎は病院に行った翌日から血尿が無くなり、オシッコもたくさん出ている。

薬は一日1回。

錠剤を飲ませる事には自信があったが、一粒失敗した。

とーっても苦かったらしい。(苦いとは聞いていた。)
口に入れた途端、飛んで逃げてしまった。
その後も、「ウエッ!」って感じでえずいていた。
(人間臭くて笑ってしまった。ゴメン。)

大好きなささ身のオヤツの中に埋め込んでもその部分だけ避けるし、ミルクに混ぜてもダメだった。
さて、どうしようか・・・そうだ、カプセルがあった!
一錠は無駄になったが、仕方なく新しい薬をカプセルに入れ、無事飲ませる事が出来た。

後はお水を飲ませなくてはいけない。
チロには注射器で強制的に飲ませていたが、恋はマオに似ているから嫌な事は断固として拒否するタイプ。
今からあまり嫌がることもしたくないので、薄いミルクを飲ませている。
一回70ccから100ccくらいは飲んでいる。

(こんなには飲めないよなぁ・・・)

と思うのにゴキュゴキュ飲んでしまう。
助かっているが、こんなに飲ませて大丈夫かと少し心配。
お付き合いで恋より少なめだが、メイも飲んでいる(が、少し飽きてきたみたい。)。

薬が4日分になってしまったので、週明け、病院に問い合わせしなくちゃ。

貰ったサンプルフードは予想どうりバクバク食べる。
調べてみると、一才未満の猫には長期間あげないほうが良いらしい。

<貰ったサンプル>
・Drs.ケア
・ウォルサム phコントロール(スターター1)2袋

ほんっとに、何でも食べてくれるのは助かるわぁGood




ニックネーム mewcat at 15:06| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月22日

膀胱炎

今月はバラの写真更新が忙しく、ブログ更新が停滞している。
(いつもと同じ?^_^;)

メイと恋は相変わらず元気です、と更新したい所だが、
恋が膀胱炎になってしまった。
こないだまでは二人とも元気だったのだ。しかも今も元気である。

昨夜、トイレの猫砂に赤いものを発見。
良く見るとペンの先ほどの鮮血が、小さい尿の固まりについていた。

うそやろーーーー!?

慌てて、トイレの中を確認するとピンク色に染まった小さな塊も出てきた。

血尿!!

何となく恋のような気はしたけど完全には判別できない。
それから気にしてみているとやはり恋だ。
トイレに入ってオシッコの体勢をとるのに出ていない。
全く出ていないわけでなく、小指の先ほどの塊。

結石か膀胱炎・・・。

先代のチロが尿路結石を持っていたので症状の検討はつく。
それでも血尿は出たことがなかったのでビビッた。

元気も食欲も何時もと変わりないので、明日の朝まで様子を見ることにしてとりあえず、薄いミルクを作って飲ませた。
食欲魔猫のメイを差し置き、恋だけ飲ませると言う芸当は母には出来ず、美味しいのだろうか?と思うような薄いミルクを二人して飲み干した。
(およそ一人70cc)

今朝、大きなオシッコの塊ではあったが、やはりピンク色に染まっている部分がある。
それからもトイレに入るがピンクの小さな塊になる。

(こりゃ、確実だな)と、言うわけで目ヤニでお世話になった近所の病院に連れて行った。

結果、やはり膀胱炎か尿路結石の初期。

尿を持っていけなかったのと、膀胱に尿が溜まっていなかったので採尿できず、どちらかははっきりしていない。
どちらもニワトリか卵のような連鎖で起こるそうだ。

で、処置は皮下点滴。

点滴を見ながら、あら〜この点滴、マオにしてたのと同じだなぁ。
皮下点滴で良いなら家でもできるのになぁ〜と思っていた。

5日分の飲み薬を貰い(多分、抗生物質?聞くのを忘れた。)
結石予防用のフードサンプルを頂いた。
様子を見て5日経ってもまだ血尿が出るようならはっきり調べるとの事。
まぁ、膀胱にオシッコが溜まっていないから緊急ではないのだろう。

帰ってから中くらいのオシッコを二つした。

まだ一歳にもなっていないのに膀胱炎になるんだなぁ。
実は3日ほど前に下痢を一度だけした。
下痢はストレスになるので、膀胱炎の原因になるそうだ。
その他にもばい菌とか原因は色々あるらしい。
それに・・・男のコだし。



may198.jpg

帰宅後の恋。足にじゃれている。



may199.jpg

親指、噛むな!
コイツは自分の足の指もしょっちゅう舐めている。
親指フェチ?



may200.jpg

帰ってから、恋は「あ〜ん、あ〜ん」と鳴きまくって甘えている。


メイの写真はないけど、変わりなく元気です♪


恋の体重:3.7kg





ニックネーム mewcat at 12:20| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月08日

ナマケモノ

父に作ってもらったキャット・ウォーク。
なかなか良い感じだ。

メイも恋もヒョイヒョイ登っている。
二人が登っている時は、尻尾が二つ並んで揺れているのを眺めているのも面白い。

壁二面分のキャット・ウォークだが、実はここからカーテンレールの上に乗れる。
ただ、レールは狭いから反転できないし、飛び降りるにはチト高い。
(恋ならその気になれば飛び降りられるだろうが、その気にならないらしい。)

誰か行くかな・・・案の定、行ったのはメイ。
恋は用心深いし、その辺はなかなかお利口さん。
何も考えないメイが乗り、そしてまた滑って宙ぶらりんになり

「誰か、たちけて!!」

キャット・ウォークにおもちゃをぶら下げていると危険も顧みず、身を乗り出してちょっかいを出す。
最初に滑り落ちたのは恋。
ただ、恋は飛べるだろうと確信していたのでさほど心配はしていなかった。
母は見ていなかったが、旦那さんは

「頭から落ちたぞ!怪我してないか見てくれ〜!!」

大丈夫。恋は以前から、背の高いタンスの上から時々飛び降りているのだ。
なぜなら、タンスの上に置いている二人のキャリーが2度ほど落とされていた。
前は中継地点があったが今は無い。
メイではない。
どうやって降りているかより、どうやって登っているかの方が謎である。

さて、問題はメイである。
おもちゃを獲ろうとして、滑った。
ウォークにしがみつき、反転して「ナマケモノ」のような格好になってしまった。

「ぎゃーーーー、メイちゃん!!」

慌てて、下から支える母。
旦那さんにヘルプを求める。
旦那さんに抱っこされて降ろしてもらったメイだが、獲物のおもちゃはしっかり掴んでいた。

おもちゃを吊り下げるのは見ているときだけにしよう。
ニックネーム mewcat at 00:50| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月02日

キャット・ウォーク

うちは天井が通常より高い。

皆は天井が高くて良いというが、背の低い私は、収納も出来ないしムダに高いと思うのだ。

そこで、キャット・ウォークなぞ作れたら良いなと長年思っていたが、腰を上げるのが遅い私と旦那さん。
やっと材料を揃え、今日実家の父に作ってもらった。
(作るのは父である。)

一時間そこらで出来たものなので、見栄えは重視していない。
メイと恋が遊べればそれで良いのであるが、やはりある程度は人間も快適に過ごしたい。
リビング一部屋の二壁分つたい歩きできる長さしかないが、構造上これ以上繋げると、人が来た時「なんじゃ、こりゃ?」となってしまう。

最初は例のささみのオヤツで釣って登らせた。


may194.jpg

全体図は周りを片付けないとお見せ出来ない。


may195.jpg

メイはそこそこ気に入ったようだ。



may196.jpg

恋は、メイが登っていると気になって登るが、
母の靴下をかじっている方が良いのか(T_T)



may197.jpg

サッシの間が気になる様子。
外からパチリカメラ


父も二人が登っているのを見て満足だろう。

父と言えば、メイをとても気に入っていて可愛い、可愛いと言ってくれるのだが、父曰く。

「メイは猫らしくない顔。イタチみたい。」という。

私はイタチを見たことは無いが、顔つきや歩き方もイタチにソックリだという。

何処から見ても猫だろう、と言い返す私と旦那さん。

実家の母によると、娘の私より、メイの顔が見たいと言っているらしいがく〜(落胆した顔)



ニックネーム mewcat at 18:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする